上野動物園のパンダの赤ちゃん誕生から二週間で成長してます

上野動物園に生まれたパンダの赤ちゃんが誕生から約半月となりました。もう体の白黒がはっきりわかる様になってきたというから驚きですね、
上野動物園によると、シンシンは授乳や食事以外は寝ている時間が多いそうです。
赤ちゃんを常に抱いて過ごしていて、お世話もしっかりしているようです。
犬や猫と同じ様に赤ちゃんの排泄物の処理もお母さんの大切な役目の一つで、お尻をなめて刺激し、出た後はきれいになめ取って母親業をこなしているそうです。
飼育担当者からは、母子の状態は安定しているものの寝ている時に赤ちゃんを踏んづけてしまう可能性などもあり24時間態勢の見守りは当面続けるとのコメントが出ています。
私もその世代ですが、ランラン、カンカンの時代に子供だった人が今は早い人では孫がいる年齢でもあります。親子三代でパンダを見に行けたら楽しい思い出になると思います。
上野動物園はパンダの他にも象や北極グマ、虎などもいる東園とふれあい動物園となっている西園があり一日中遊べます。お天気の良い日にお弁当を持って遊びに行くのも良いですね。