編みかけのマフラーとセーター。出来上がる気がしないけど、どうしよう。

部屋の片づけをしていて、見つけた編みかけのマフラーとセーター。一時、鍵編みに凝った時に作り始めたもの。小物を編んでたけど、大きなものにも挑戦したくなって、マフラーを姪に編んであげようと思って可愛いサーモンピンクの毛玉を何玉か買いました。肌触りも良くて自分でも、「いい買い物だった」と思って編みはじめたけど、大失敗。それはなんと、「極細」の毛糸。編んでも、編んでも、長くならない。何時間編んでも、長さがほんのちょっとにしかならなくて、中断。気を取り直してというか、飽きてしまって、何を考えたのか、今度はセーターにチャレンジ。ちゃんと太い毛糸を買って、編み始めたら、前身ごろがあっという間にできてご機嫌。そして、後ろ身ごろも出来上がって、肩のところで前と後ろを編み合わせてみると、「どうしよう、このセーター無茶苦茶、重い」ということに。これに袖つけても、重くてとてもじゃないけど、着れない。肩こりが悪化する。でも、せっかく編んだから、もったいなくて、ほどけない。その時はどうしていいのか決められなくて、棚の隅っこに置いていたのを、今回見つけてしまって、また「どうしよう」と悩んだ過ごした午後でした。