目標と願望の違いはより具体的に、より期限を決めて。

FXの自分なりの取引方法を見出して、一週間が経過しました。
結果は、思ったよりも難しかった、けどできない事はないと言う事です。
為替は戻すし、レベレッジをしっかり管理していれば、結局は余剰金なので置いておけば損失は確定しないと思っています。
実際に一週間取引してみて、一日目標利食い価格は4000円でしたが、実践できたのは一日平均5000円以上の利食いでした。
特に嬉しかったのは、あまり値幅の動きがない時期だと普段は全く決済せずに放置でした。そんなレートの時でもきちんと利益を出す事が出来たのです。
そして、一日の目標金額を出すとその目標に向かって頑張ろうと思えます。一応、毎年目標はありました。
ただ、年間50万円の利益!とか思っていましたが、実際は一日いくら利食いすればいいのか、毎月いくら利食いすればいいのか、とは考えずその都度の為替の状況で大きく左右されました。
結果、年度末に良かった!50万円達成、ダメだった25万円だけ、と言う事が分かるだけでした。
一年間なんて、長くて気持ちも持たないので、一日に落とし込んで評価していく事の大切さを実感しています。
一日5000円と決めれば、それに向かって頑張る事が出来ます。どんな為替の時でも利益を出そうと行動を考え、変化させる事が出来るのです。
もっと短期で考える事の必要性を理解し、又、その威力も実感しています。

片づけられない人に我が子がならないよう奮闘しています!

ゴミ屋敷、ゴミ部屋というテレビ番組があったように片づけられないタイプの人っていますよね?我が子が、その道を真っすぐ進んでしまい、2年前から度々言っているのですが、全く実行せず困り果てています。家全体としては、ある程度、片づき掃除もされていますが、娘の部屋だけがゴミ部屋です。年ごろの娘なので、男親の私は口でしか介入できません。なぜ?最終的にやらないのかは、家内が擁護してしまうからです。「片づけられない性格の人っているんだよ!そういう病気なんだよ」とキレ気味に言われます。家内の母親がこの片づけられない性格のようで、片づけをしなくても大丈夫と思い込んでいるから、手のつけようがない。私として、片づけのできない人は頭の整理もつかないのでは?と感じます。部屋に何があって、何がないというのが分からないでしょう。書類が部屋にあるかどうかもわからないでしょう。こんなようでは成績も上がる訳がないのです。鉄拳制裁派の私の父が生きていたら、3分持たずに殴って片づけさせている次第ですが、私としては暴力は良くないと思います。今と昔の違いですね。部屋をキレイにすることで、身も心もキレイになるし、表情も明るくなり、部屋で何かを取り組みやすくなるなど運をグイッと引き寄せることが多いのになぜ、やらないのか?限界までほっとくしかないのかな?と溜息が出てしまいます。http://www.fxanimation.co/